棕櫚(しゅろ)たわし

しなやかな棕櫚(しゅろ)の質感をいかした職人技のたわし

棕櫚たわし「極〆(きわめ)」シリーズには、棕櫚の幹を包む「しゅろ皮」と呼ばれる部分から採取した繊維を使い、熟練の職人が一つ一つ仕上げます。
パームやし製品と比べて、柔らかくしなやかな使い心地で、特に木のまな板とは吸い付くような最高の相性と称されます。棕櫚束子は日本料理の心とも言える「まな板と包丁」この二つをそっと支え続ける名脇役として、ずっと仕事をし続けています。

表示切替:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

SNS

ページトップへ